1分でわかる!Ymobileのスマホ料金とメリットデメリット » ポケットWiFi » 

Pocket WiFi 303HWの特徴をレビュー

読了までの目安時間:約 3分

8月から新しく立ち上がった携帯キャリアのY!mobileはWILLCOMとEMOBILEが合併してできた会社です。
その為、Pocket Wi-Fiを取り扱っているのでモバイルルーターの購入を考えている人にもオススメできるキャリアです。
 
いくつかあるPocket WiFiの中でも最新モデルのPocket WiFi 303HWは人気の高いモバイルルーターなのでレビューをしてみました!
 

<タッチパネルで操作や設定が簡単!>

303HWは、2.4インチの大型のカラータッチパネルを搭載しているモバイルルーターです。
そのため、各種設定やネットへの接続などもワイタップで行えるので、スマホやタブレットのように簡単に操作をすることができるので、モバイルルーターを使ったことがない人やネット接続が苦手な人でも迷うことなく設定をすることができます。
 
直感的に操作ができる以外にも、5秒で素早く起動するので使いたい時にサッと使うことができます。
 

<ルーターなのにテレビが観られる!>

303HWの最大の特徴として、モバイルルーターでありながらテレビチューナーを内蔵しているのでテレビを観ることができます!
 
テレビを観るには、iPhoneとAndroid専用のアプリをインストールすることで視聴が可能になります!
テレビを観ることができないスマートフォンでも303HWを使う事でフルセグとワンセグを視聴することができます!
 
テレビチューナーを内蔵しているので「バッテリーがすぐに切れるのでは?」と思うかもしれませんが、大容量の2,400mAhのバッテリーを内蔵しているので9時間のフルセグ視聴、11時間のワンセグ視聴をすることができます。
もちろん、Wi-Fiでも連続で9時間の通信をすることができます!
 

<303HWはモバイルルーター初心者にもオススメ!>

303HWは、タッチパネルで操作をすることができるので初心者でも簡単に操作や設定をすることができます。
 
テレビチューナーも内蔵しているので、テレビが観れないスマホを使っているという人にもオススメできるモバイルルーターです!

YmobileのポケットWiFiで利用できる回線と速度制限の基準

読了までの目安時間:約 3分

Ymobileでは、スマートフォンや携帯電話以外にもモバイルルーターのPocket WiFiがラインナップにあります。
屋外でパソコンやタブレットをネットに接続するのに使用したり、スマホのパケット通信を節約したり、より高速にネットへ接続するのに必要不可欠です。
 
Pocket WiFiの速度や使用できるエリアなどをまとめたので、購入を考えている人は参考にしてみてください!
 

1.最大110Mbpsの通信速度

Pocket WiFiの速度は、使用する電波帯で変わってきます。
Pocket WiFiでは、AXGP、LTE、3Gの3つの電波を使って通信をします。
 
AXGPで通信した場合は下り最大110Mbpsの高速通信ができます
LTEの場合は下り最大76Mbps、3Gで下り最大42Mbps速度で通信することができるので、ネットを楽しんだり、動画を観たり、大容量アプリでも素早くダウンロードすることができるようになります!

 

2.ほとんどの地域で使えるカバー率

Ymobileの人口カバー率は好評はされていませんが、かなりの広範囲で利用することかできます!
 
SoftBankの子会社と言うこともあるので、人口カバー率は90%を超えていると予想されます。
(SoftBankの実人口カバー率は92%と公表されています)
 
下り最大110Mbpsの速度が出る地域は、まだ少ないかもしれませんが3G下線などは使える範囲が広いので、ほとんどの場所で通信をすることが可能と言えます。
 

3.7GBの速度制限に注意

Pocket WiFiは、7GBの通信制限があります。
月々の通信量が7GBを超えると、通信制限がかかり下り最大速度が128Kbpsという低速な速度になります。
 
通常の速度に戻すには、2GBごとに2,500円の解除料を支払う必要があるので注意したほうがいいかもしれません!
 

<外で使うなら充分使えるルーター!>

Pocket WiFiは外で使うなら充分使えるモバイルルーターと言えます。

速度も利用可能エリアも充分です!
 
7GBの通信制限がありますが、長時間の動画再生や大容量のファイルを連続でダウンロードしないかぎり引っかかることは少なくなるはずです!

YmobileのポケットWiFiとWiMAX2を比較

読了までの目安時間:約 3分

外出時にスマートフォンやパソコンをWi-Fiに接続したいと思う事はないでしょうか?
 
Wi-Fiに接続すれば、データを高速でやり取りすることも可能になります。
特にパソコンは、外出先ではモバイルルーターなどのWi-Fiに接続しないとネットに繋げる事ができません。
 
スマホも、パケット量を節約するためにもモバイルルーターを使って料金を安くすることができます。
 
モバイルルーターで代表的なYmobileのPocket WiFiとUQコミュニケーションズのWiMAX 2+を比較してみました。

 

使用可能エリアが広いPocket WiFi

Ymobileから出ているPocket WiFiは2年間の契約で月額3,696円で利用することが可能です。
 
速度は、下り最大110Mbpsと高速な通信が可能で利用できる範囲は比較的広めですが地方に行くと通信ができなかったり、高速な通信ができないという場合があります。
 
また、スマートフォンと同様に7GBの通信制限があり、1ヵ月で7GB以上の通信をしてしまうと最大通信速度が128Kbpsに制限されてしまう場合があります。
 

無制限に使えるWiMAX 2+

WiMAX 2+は様々なキャリアから出ていますが、今回はUQコミュニケーションズで契約した場合について表記します。
WiMAX 2+も2年間の契約で月額3,696円で使う事ができます。
 
通信速度は、下り最大で110Mbpsで通信ができる他、下り最大40MbpsのWiMAXを使って通信をすることもできます。
 
通信範囲は、WiMAXの場合は全国区ですが繋がりづらい場所も多いのが現状です。
WiMAX 2+の場合は、どれだけ通信をしても使い放題という特徴があります!
 

WiMAX 2+がオススメ

モバイルルーターを選ぶなら、WiMAX 2+を選ぶのがオススメです。
WiMAX 2+が使えるエリアは、まだ狭いですが今後増えていくと発表されています。
 
また、使い放題なので大容量の通信をしたり、屋外以外でもホームルーターとしても使う事ができるので、ネットをお得に楽しむことができます。
 
モバイルルーターの購入を考えているなら、WiMAX 2+を選んでみてはいかがでしょうか!

カテゴリー
最近の投稿