1分でわかる!Ymobileのスマホ料金とメリットデメリット » スマートフォン » 

Nexus5とiPhone6の比較

読了までの目安時間:約 3分

スマートフォンの代表として、iOSとAndroidの2つのOSがあります。

iOSを搭載しているスマートフォンはiPhone6のみですが、Androidは多くの種類があります。
 
Androidは、フリーのソフトウェアなので多くのメーカーがそれぞれのスマートフォン独自にカスタムしているため、端末によっては「使いづらい」「動作が遅い」といった問題が出てきてしまいます。
 
ですが、Nexus 5はAndroidを提供しているGoogle製のスマホなので何のカスタムがされていない素の状態のAndroidを搭載しているので動作も快適で使いやすいと評判です。
 
この2つの人気スマホを比較してみました!
 

最新OSも低価格で使えるNexus 5

Nexus 5は最新のAndroid4.4を搭載しているスマホで、Google製なので動作の軽く余計な機能が無いシンプルさが特徴の端末です。
 
5インチの大型のディスプレイは解像度もよく、ネットや動画、ゲームなどのコンテンツを多いに楽しむことができます!

価格も4万円台からあるので、比較的気軽に購入することができます。

シンプルで使いやすいiPhone6

iPhone6は、Appleが開発したスマートフォンでiOSを搭載している唯一のスマートフォンです。
デザインやUIなどはAppleらしくシンプルで使いやすく、ユーザー数も多いのが特徴です。
 
アプリの数も多く、iPhone6で提供して人気の出たアプリがAndroidに移行するということも少なくありません。
 
画面のサイズやカメラ機能など、細かいスペックを見るとAndroidスマホに劣っている部分があったりしますが、必要充分な機能は備えているので特に問題はありません。
 
ただし、端末が5万円台からと高額になってしまうのが1つのネックといえるかもしれません。
 

価格の安さやデザイン、OSで選ぶといい

Nexus 5は価格を安く、でも高性能で最新のAndroidを使いたい人。
iPhone6はAppleのシンプルなデザインと使い心地を体感したい人にオススメできます。
 
それぞれ、AndroidとiOSという異なったOSを搭載していることからOSで選んでもいいかもしれません!

Ymobileとauのスマートフォンを比較

読了までの目安時間:約 3分

スマートフォンを格安で利用することができるWILLCOMとEMOBILEが合併して新しくなったYmobileのスマートフォンの購入を考えている人もいるのではないでしょうか。
 
ですが、新しいキャリアなので評価などの数が少なく購入に迷っているという人も多いと思います。
そこで、大手キャリアのauと比較してみたので、購入を考えている人は参考にしてみて下さい!
 

Ymobileとauの違い

Ymobileの魅力として、最安月額2,980円で最新のスマートフォンを使う事ができるという点です。
 
パケット通信量が1GBのプランに加入すると月額の料金が2,980円で、しかも制限付きですが無料通話サービスも付属しています。
 
auの料金は電話カケ放題プランの2,700円と2GBのデータ通信定額の3,500円に加入することでスマートフォンが最安で使えるようになります。
 
データ通信は2GBと、Ymobileよりは若干多いですが料金は6,200円になります。
通話はし放題ですが、Ymobileにも無制限で通話が可能になるプランを月額1,000円で追加することができます。
 

通信速度とエリア

通信速度は、Ymobileで下り最大76Mbps、auで下り最大150Mbpsで通信することができます!
 
通信可能エリアは、Ymobileも全国区で使えるようになっていますが、まだまだauの方が範囲が広く、場所によってはauの方が速度も出やすいかもしれません。
 

Ymobileは料金を抑えたい人向け

Ymobileは、月額料金を抑えて安くスマートフォンを使いたいという人に向いていると言えます。
特に、通話をよくするという人でも安く使う事ができるので通話をメインにするというのもいいかもしれません!
 

auは通信速度や利用可能エリアが気になる向けの人

auは、通信速度が速く、利用可能エリアが広く安定して通信をすることができるのがメリットと言えます。
利用料金よりも、通信の速度やエリアを気にする人はauを契約した方がいいかもしれません!

Ymobileとdocomoのスマートフォンを比較

読了までの目安時間:約 3分

8月1日より新しく誕生し、価格の安さを売りにしているYmobileと、老舗でシェアNo.1を記録し続けているdocomoの両社からも、最新のスマートフォンがリリースされています。
 
両社の違いを比較しながら、Ymobile向けの人、docomo向けの人を簡単にまとめてみました!

スマートフォン購入の際、もしくはキャリア選択の際に参考にしてみてください!
 

Ymobileとdocomoの違い

Ymobileとdocomoでは、料金の設定方法が大きく変わってきます。
 
Ymobileは、パケット料金と通話無料サービスが込みで最安のプランを選ぶと月額2,980円でスマートフォンを使う事かできますが、docomoの場合は通話し放題のプラン2,700円とパケット定額プランの最安で3,500円が必要になります!
 
通信速度はYmobileはスマートフォンで下り最大76Mbpsですが、docomoの場合は下り最大150Mbpsという高速な通信速度を誇っています!
 
使えるエリアでも、Ymobileは全国区になってきましたが老舗docomoの対応しているエリアに比べるとまだまだといった印象です。特に、LTEを使った高速通信ができるエリアではdocomoが強いといえます。
 

安くスマホが使えるYmobile

Ymobileは、やはりスマホの料金を安くすませたいという人向けのキャリアです。
最安2,980円というガラケーよりも低価格でスマートフォンを持てるのは大きな利点です。
 
通話も1回10分以内の短い通話であれば月300回まで無料なのでセカンド携帯として持っておくのもいいかもしれません!
 

通信速度や通話が安定しているdocomo

docomoは、料金がYmobileに比べると割高な印象を受けるかもしれませんが、家族で使っていると割引の料金プランがあったり、長期間使っている場合などに適用される料金サービスなどもあります。
 
また、通信速度や通話可能エリアなども広いので安定した通信をしたいという人はdocomoが最適です。スマートフォンの機種数もdocomoの方が現状は数が多いので選択肢が豊富なのも利点の1つです!

カテゴリー
最近の投稿